他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ギンリョウソウとシャクジョウソウの果実 | トップページ | 方広寺・半僧坊のスギ »

ヘビウリ(浜松市北区引佐町)

朝、富士山の姿が見えてオイデオイデしていても、気乗りしない時があります。この日は、家族に付き合って浜松市の引佐町へ行って来ました。

S064a

そこで見かけた白い花・・。

S071 S156

「あっ、カラスウリみたいだ。でも何か違う・・。」

近づいて見ると・・。

S078

蛇の苦手な私は、思わず声を上げてしまいました。

S073 S077

石垣の上にも・・。

S076 S080 S081

棚からぶら下がると、真っ直ぐになるようです。初めて見ました。これは何だろう?

S074

もう一度接近して撮ってみました。

この植物は、インド原産の「ゴーダビーン」と言うそうです。和名が「ヘビウリ」・・納得のいく名前ですね。食用になるそうです。

来年栽培してみようかな・・。でも、畑に行く度驚かされるかも?

« ギンリョウソウとシャクジョウソウの果実 | トップページ | 方広寺・半僧坊のスギ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

うーさん、今晩は。
私も爬虫類は苦手です。
この日も方広寺でヤマカガシに出会いました。
花を見るとカラスウリの仲間のようですが、種を見てみたいものです。
カラスウリの種は、形や変化が面白いです。
http://asitaka-yamabudou.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-6880.html

よしこさん、今晩は。
正解です。
カラスウリのような花を撮っていたら、警備員さんが教えてくれました。
足元の果実が一番不気味でした。

おばさん、今晩は。
不気味でしょ?
普通のキュウリのように短いならまだしも、こんなに長いと驚かされます。
世の中には変わった植物がありますね。

何時も楽しい話題有難う御座います。
お陰様で雑学のボキャブラリーが充実しています
最近、山行しているとやたらと蛇に遭遇します。
今日も、鍵掛峠と王岳の間で小ちゃな細い蛇でも冷汗に変わりました。
時と場合により、蜥蜴が横切ったり、大きなカエルがジャンプしても背中がぞくっとなります。
でも食いしんぼうなので「ヘビウリ」食してみたいです。
案外、美味かも?栄養価もヘビー級かな?

こんばんわ。
これは、もしかして、竜ゲ岩洞の前?私もここで、ちょっとびっくりしたことがあります。
岩に添ってへの字になっていたり、でも、こんなにどくろは巻いてなかったです。最後のほんとうに蛇みたいですね。私も花を写そうと思って行って、なんじゃこれ?って思いました。

ぎゃあ~wobbly
思わず叫びましたよ
ヘビウリ
その名の通りですが
こんなのが木からたれ下がって居たり
どくろをまいていたりしたら
やだ~やだ~
来年栽培・・・・やめた方が良いと思いますcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60309206

この記事へのトラックバック一覧です: ヘビウリ(浜松市北区引佐町):

« ギンリョウソウとシャクジョウソウの果実 | トップページ | 方広寺・半僧坊のスギ »