他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クロヤツシロラン開花(富士市) | トップページ | タコノアシ(浮島ヶ原) »

ナンバンギセル

昨日は、昼食を車中で食べました。昼食を済ませ、笹の刈り取られた土手を見ると、ナンバンギセルが生えていました。そこで、車を降りて探索しました。

N031 N017 N029

ヒサカキの木の下に、沢山生えていました。ここには、ススキなどのイネ科の植物が見当たりません。何に寄生しているのだろう?

N019 N022

暗いので「手持ち夜景モード」で撮影。

N036

こちらは笹の間から顔を出していました。刈り取られた部分を見ても、ススキなどが見当たりません。笹に寄生する??

N037 N043

横顔と正面顔。真ん中に見える黄色いものは何だろう?

N042 N411

ピントを花冠からずらし、トリミングしてみました。黄色いのは、雌しべの柱頭で毛が生えています。それにしても大きいですね。オシベはこの裏に隠れているらしい・・。

右は、我が家の裏庭植物園「ミョウガのエリア」に生えているナンバンギセルです。年々増えています。寄生植物ですから「宿主の成長は阻害される」事になります。ミョウガのために取り除いた方が良いのだろうか・・。

« クロヤツシロラン開花(富士市) | トップページ | タコノアシ(浮島ヶ原) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60368903

この記事へのトラックバック一覧です: ナンバンギセル:

« クロヤツシロラン開花(富士市) | トップページ | タコノアシ(浮島ヶ原) »