2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 亜高山帯の野生ラン(富士山) | トップページ | ホンゴウソウ(富士市) »

2014年9月19日 (金)

ヒメミヤマウズラ(富士山)

前記事とは別の場所で見たヒメミヤマウズラの記事です。

U203 U157

この場所では、沢山の株が確認出来ました。葉も大きい・・。

U289

斑もいろいろです。

Uh009

上の写真や前記事と見比べて見てください。次に行った時は、もっとじっくり斑の違いを観察してみたいと思います。

辺りを見回すと、花が咲いていました。

Uh092 Uh073

花が偏ってついています。ネジバナに近いような咲き方ですね。

Uh035 Uh039

正面から見ると、下界に咲く「紅の豚」のミヤマウズラと違います。

Uh190

茎や花弁に毛が見えます。子房の膨らみ始めた株もありましたが、丁度良い時期に出会えたと思います。

Uh106 Uh189

このところ急に涼しくなって来ました。この自生地も、朝晩はかなり冷え込んでいる事でしょう。深山の野生ランは、これから厳しい冬を迎えようとしています。みんな頑張れ!!

« 亜高山帯の野生ラン(富士山) | トップページ | ホンゴウソウ(富士市) »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメミヤマウズラ(富士山):

« 亜高山帯の野生ラン(富士山) | トップページ | ホンゴウソウ(富士市) »