他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 8月末に出会った野生ラン(富士山麓) | トップページ | 赤いキノコ »

バアソブ再び(裏庭植物園)

今日も雨が降りました。それにしても良く降りますね。

気合を入れて、バアソブの写真を撮ろうと思っていたのですが、雨ばっかりでなかなか晴れてくれません・・。これは、数日前の早朝に撮ったものです。

V080

何度見ても幾何学的な模様が綺麗です。

V091a V085 V087

少しずつピントをずらして撮ってみました。

V084 V082

ジイソブとの違いは、「ジイソブの花の表が白いのに対して、バアソブは表に紫系の色がある」。う~ん、この特徴では区別が難しい・・。と言うのは、咲き始めは左のように白っぽいからです。

V095 V095t

「バアソブは、葉の両面或いは裏面に毛が生えている」。確かに生えていますが、これもヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤクのように、必ずとは言えないかもしれません。

V067 V103

果実が出来ていました。バアソブの種には翼が無く、ジイソブには翼があるそうです。確かに頂いた種には翼がありませんでした。

V091 V017

コンデジで・・。

このバアソブは、頂いた種から育った実生株です。実生一年目で花が咲く事を知りました。来年は、親子株の花を見る事が出来るかもしれません。

バアソブは、実生発芽率の良い植物だと思いますが、なぜジイソブに比べてずっと株数が少ないのでしょう?ジイソブの種は翼があって飛び、バアソブの種は翼が無くて飛ばない事も、その一因になっているのでしょうか?

« 8月末に出会った野生ラン(富士山麓) | トップページ | 赤いキノコ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60277047

この記事へのトラックバック一覧です: バアソブ再び(裏庭植物園):

« 8月末に出会った野生ラン(富士山麓) | トップページ | 赤いキノコ »