他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ファブリダム(岡部川) | トップページ | 腐生植物の様子(キヨスミウツボ) »

ウバユリ(富士山麓)

今日は、午前中富士山麓を歩いて来ました。姥百合の花が咲き始め、シシウドの花も目に付くようになりました。初秋を感じるような涼風が心地良かったです。

U158 U281 U262

ウバユリを初めて見た時は、蕾を持った株と花が結び付きませんでした。蕾は左のように上を向き、花の時期になると横を向きます。そして果実の時期には、また上を向くのです。

U001 U004

このウバユリは花弁の中が黒っぽい・・。名前の由来は、花の時期に葉(歯)が無くなる事が多いからだそうです。でも、私の探索範囲では、葉の残っている方が多いような気がします。

U269

萼の中から、花弁が横向きに顔を出し始めました。

U286

花はあまり開きません。

U290 U297

ウバユリは新芽や鱗茎が食用になるそうです。まだ食べた事はありませんが・・。イノシシに見つかったら食べられてしまうかも?

右はイノシシが耕運したあとです。我が家も野菜が無くなった後で、耕運してくれないかな・・。午後から草取りで、汗だくになって来ました。ビールで水分補給しなくてはなりません。

« ファブリダム(岡部川) | トップページ | 腐生植物の様子(キヨスミウツボ) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

おばさん、お早うございます。
そうです。
奥ゆかしい感じの花です。
どちらかというと日照の少ない所に生えています。
ウバユリの名前、別の名前にしてもらいたかったですね。

ウバユリ
ビックリしましたsign01
やまぶどう様って私の姿をどこかでみたな~
でも良かったhappy01
ユリの種類なんですね
花があまり開かない<<<<
奥ゆかしいのかしら

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60084910

この記事へのトラックバック一覧です: ウバユリ(富士山麓):

« ファブリダム(岡部川) | トップページ | 腐生植物の様子(キヨスミウツボ) »