他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« マタタビとサルナシ | トップページ | イケマに集る虫(富士山麓) »

キノコいろいろ(富士山麓)

今日も暑かった・・。

最近見たキノコを集めてみました

Y345

ウラジロモミの枯れ木に生えていたキノコです。

Y341 Y218

上部にも生えていました。右はその一週間後・・梅雨明けとともに萎びて来ました。そしてその横には・・。

Y220

同じキノコに不気味なものが生えていました。これは何だろう?

Y144

苔の中に生えていた可愛いキノコです。

Ydsc03682 Y055

そっくりなキノコですが、色が違います。別種かな?

Y119 Y121

こちらのキノコも毒キノコ?たぶん・・。

Y145

馬の尻尾の毛みたいなのは、「山姥の髪の毛」というそうです。

図鑑によると「ホウライタケ属のいくつかのキノコが生産する菌糸束を指し、古くは木鬚、或いは雲霧草とも呼ばれた・・」と書かれていました。別の図鑑では、ナラタケ属も菌糸束を形成すると書かれています。

Y214 Y215

キノコがみんな食べられたら良いですね。そしたらみんな採られて絶滅してしまうかも?

Y131

傘の裏側を写し忘れましたが、スポンジのようになっていたので、イグチの仲間のようです。イグチ科のキノコは食用になるものが多いそうですが、有毒種もあるので要注意ですね。

図鑑を調べても良く分かりませんので、手抜きして図鑑を見るのを止めました。ご存知の方、教えてください。

« マタタビとサルナシ | トップページ | イケマに集る虫(富士山麓) »

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60047317

この記事へのトラックバック一覧です: キノコいろいろ(富士山麓):

« マタタビとサルナシ | トップページ | イケマに集る虫(富士山麓) »