他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 薄暗い林内に棲む蜂(富士山麓) | トップページ | ツチアケビ(富士山麓) »

キヨスミウツボ(富士山麓)

キヨスミウツボと初めて出会ったのは、この日と同じく雨の降る林内でした。思いっきりピンボケで、白い塊が確認出来るくらいでした。あれから数年を経て少しは見られるようになったかな?

キバナノショウキランと同じく、似た写真が続いて恐縮ですが・・。

【キバナノショウキラン①の近く】

O075

もうかなり傷み始めていました。

O147

それにしても変わった植物でしょ?茎のような部分は地中深く伸びています。地上に見えるのは花だけ・・。

【キバナノショウキラン①より少し上がった場所】

O159 O163

この辺りでも彼方此方で見る事が出来ますが、次の場所ほど多くはありませんでした。

【キバナノショウキラン②-③の場所】

O293

上の場所より標高が高い分、出始めの株が目に付きます。

この日は、昨年確認した範囲を超えて探索してみました。他では見られないくらい、かなり広範囲に生えています。

O300 O325

でも、同じ林内でもかなり差があるようです。

O308 O312

右はイノシシかシカに掘られたようですが、昨年ほどではありませんでした。

O324

キヨスミウツボ

ハマウツボ科キヨスミウツボ属。他の植物の根に寄生する寄生植物だそうです。Wikipediaには「キヨスミウツボが寄主とする植物は、アジサイ、ムラサキシキブ、ウンゼンツツジ、アラカシ、ウラジロマタタビなど多岐にわたる」と書かれています。この場所に生える植物は??

« 薄暗い林内に棲む蜂(富士山麓) | トップページ | ツチアケビ(富士山麓) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60015423

この記事へのトラックバック一覧です: キヨスミウツボ(富士山麓):

« 薄暗い林内に棲む蜂(富士山麓) | トップページ | ツチアケビ(富士山麓) »