他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 不明の野生ラン(富士山麓) | トップページ | パイナップルリリー »

スギ林の探索(富士山麓)

2月頃偶然見つけた、ベニシュスランの花が咲いているか、確認に行って来ました。ところが・・。

W043

記憶に残る場所は、クラマゴケで覆われていました。「しまった!これで探せるだろうか?」不安な気持ちで先へ進みました。

W082 W078

シカが食べないとされているテンニンソウも、先端が毟り取られていました。右はミヤマシキミの果実です。晩秋から冬にかけ、赤く変色してとても綺麗です。

W066 W087

左は、ハクウンランと間違えやすいツルリンドウの赤ちゃんです。その左には、キッコウハグマの赤ちゃんも見えています。老眼では尚更区別がつき難い・・。そして「珍しい斑入りのツルリンドウ発見!」

W085

綺麗でしょ?斑入り葉は、探してもなかなか見つかりません。この日も、山の神様に感謝です。

更に進むと・・。

W059

ベニシュスランを発見!見つかって良かった!こちらの斑も綺麗ですね。

W042r

個体によって、斑もいろいろです。開花株は無いだろうか?

W034 W068 W051

蕾を持った株を見つけました。まだ咲いておりませんが、この姿からベニシュスランに間違いないようです。真ん中は、この場所では珍しいセンブリです。とても苦いけど、飲み過ぎに効果がありますよ。

W039

スギの枯れ葉を取り除くと、また見つかりました。

W044

来週には花が咲くだろうか?

実は、この時期のGPSデーターを無くしてしまいました。今冬再調査して、登録のし直しです。今年は、身近な所で初めての野生ランに出会いました。私にとっては、ここも大切な場所となりました。

« 不明の野生ラン(富士山麓) | トップページ | パイナップルリリー »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60028638

この記事へのトラックバック一覧です: スギ林の探索(富士山麓):

« 不明の野生ラン(富士山麓) | トップページ | パイナップルリリー »