他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 木漏れ日を浴びた植物(富士山麓) | トップページ | 7月下旬の富士山麓 »

続)不明の野生ラン(富士山麓)

トンボソウやサギソウ等と名の付く野生ランは、どれも似たものばかりで良く分かりません。トンボソウの名が付くのにツレサギソウ属だったりして・・。

O261 O262 O2655

富士山麓某所で見かけた左の野生ラン・・葉の形と艶がいつも見ているものと違うような気がします(各々蕾と葉にピントを合わせたつもり)。

そして、二回目の探索で、右の株が見つかりました。以前、これと似た野生ランを、オオヤマサギソウではないかと教えて頂いた事があります。

O264

距が長く、花柄が捻じれています。オオヤマサギソウの解説に「距は長さ15~20mmで下垂する」とありました。この解説と合っていると思います。

O2613 O2618

この場所で見かけた株は、丈の高いものが多い・・。

O2623 O2632 O2715

更に探すと、咲いている株もありました。手定規で測ると、60cm以上のものもありました。

O2662 O2647

この手の植物は、手持ちだと撮り難い・・と言いながらいつも手持ちです。

O2635 O2638

同じような写真が続いて恐縮ですが・・。

オオヤマサギソウの解説には「背萼片は卵形、側花弁は半切卵形で開出し、唇弁は広線形で後方に曲がり・・・」難しくて分かりません。

O2718 O2732

「緑白色の花」

O2746

薄暗い林内に日が射しました。でも、やっぱり上手く撮れない・・。

この野生ランは、ツレサギソウ属オオヤマサギソウでしょうか?私の図鑑には載っておりませんが、変種でオオバナオオヤマサギソウというのもあるそうですが・・。こちらは「距の長さが30~40mm、後方に長く伸びる」とWeb図鑑に書かれていました。距は、それほど長くはなかったと思います。

ご存知の方教えてください。尚、確認すべき特徴があれば次回再確認して来ます。

« 木漏れ日を浴びた植物(富士山麓) | トップページ | 7月下旬の富士山麓 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60065487

この記事へのトラックバック一覧です: 続)不明の野生ラン(富士山麓):

« 木漏れ日を浴びた植物(富士山麓) | トップページ | 7月下旬の富士山麓 »