他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 続)不明の野生ラン(富士山麓) | トップページ | 腐生植物(富士山麓) »

7月下旬の富士山麓

先週探索に行った林内で見かけた、気になる植物を集めてみました。

P263

この季節では珍しい赤い実が生っていました。オニシバリの果実です。

P252 P260

この果実は、秋ではなく夏熟します。

P086 P178

更に進むと、真ん中に穴のあいた木が出現・・面白いですね。木漏れ日のスポットライトをを浴びているのは、トチバニンジンです。こちらは秋に色付きます。

P176 P177

ウコギ科トチバニンジン属。解熱、・去痰、健胃薬として用いられるそうです。何と育毛剤に配合される事もあるそうですよ。リアップにも入っているのかな?

P093 P097

こちらは、メギ科ルイヨウボタン属、ルイヨウボタンです。果実が、黒紫色に変色し始めていました。

P194

花の終わったムヨウイチヤクソウ。飛び出した花柱が特徴的です。

P162 P161

樹上に着生した○○ショウマが見えました。その上の枝には、果実らしきものが見えます。

P160

足元には、こんな果実が落ちていました。オオウラジロノキの果実みたいですが・・。

P171 P170

逆立ちした人のような幹のヒメシャラの仲間。

P168

野生動物の隠れ家になったりしているのかも?

このところ、晩酌後椅子に座ったまま寝てしまいます。お疲れ気味なのかな?週末が待ち遠しい!

« 続)不明の野生ラン(富士山麓) | トップページ | 腐生植物(富士山麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60070813

この記事へのトラックバック一覧です: 7月下旬の富士山麓:

« 続)不明の野生ラン(富士山麓) | トップページ | 腐生植物(富士山麓) »