他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 気になった植物③(八ヶ岳) | トップページ | ピンクのギンリョウソウ(富士山麓) »

アオスズラン(エゾスズラン)の葉いろいろ

アオスズラン(エゾスズラン)は、富士山周辺でも見る事が出来る野生ランです。標高1,200mくらいから2,000mを越す亜高山帯まで、広範囲に生えています。

この記事では、今まで出会った葉色の違うアオスズランを集めてみました。

【緑色の葉】

O238

八ヶ岳のカラマツ林で見かけたアオスズランです。これが、一般的に見かける葉色のタイプです。

O242 O236

こちらにも・・。

富士山麓では、標高の低い所に生えるアオスズランは、虫の被害などで花が咲かずに枯れてしまうものが多いです。咲いたとしも、亜高山帯の株に比べて花数が少ないように思います。

【茶系の葉】

Ex039

富士山麓某所で、観察仲間が見つけた株です。数メートル離れた所にも、同じ色の株が生えていました。固定されている葉色のようです。

E184 E187

この株は「カラス葉」と呼べばいいのでしょうか?花の色も確認してみたいと思っています。

この日はカメラの調子がおかしく、上手くピントが合いませんでした。デュアルピクセルのセンサーに、未だ馴染めません。

【クリーム色の葉】

E089

富士山の亜高山帯で出会った株です。

Edsc06498 Edsc06499

くから見ても目立っていました。緑色の部分が無くなり、このように全体が白っぽくなったものを「うぶ斑」と呼ぶそうです。この株は、このまま育つのだろうか?今年も同じルートを歩く予定です。残っていると嬉しいのですが・・。

« 気になった植物③(八ヶ岳) | トップページ | ピンクのギンリョウソウ(富士山麓) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59850547

この記事へのトラックバック一覧です: アオスズラン(エゾスズラン)の葉いろいろ:

« 気になった植物③(八ヶ岳) | トップページ | ピンクのギンリョウソウ(富士山麓) »