他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ベニバナヤマシャクヤク①(富士山麓) | トップページ | 針葉樹林に生える植物(富士山麓) »

ベニバナヤマシャクヤク②(富士山麓)

ベニバナヤマシャクヤクの鑑定は、花色ではなく「強く曲がる花柱の先端」でするのが正しいそうです。地域によっては、ヤマシャクヤクにも赤い色素を持った花が咲くと某大学のHPに書かれていました。

【ベニバナヤマシャクヤクの花柱】

Y047

花弁の隙間から見える花柱。

Y071 Y075

「強く曲がる」・・あまり曲がっていないようなものもありますが・・。

Y097

左側は、強く曲がっていると言えるのかな?植物の特徴は、個体によっていろいろなので判別が難しいですね。

ところで、第二の場所のベニバナヤマシャクヤクに異変がありました。

【第二の場所のベニバナヤマシャクヤク】

第一の場所より日当たりが良くて、株数も多かった第二の場所へ行きました。ところが、一昨年あったはずの場所に殆ど見当たりません。「どうしたのだろう?」

Ys143 Ys164

彼方此方探して見つけた開花株は、この一株だけでした。

Ys144 Ys154

もう花も終わり頃です。株元を見ると、昨年の茎が残っていました。

Ys165t

接写してみました。花が白っぽい・・。

一昨年の探索で印象に残った、美人四姉妹の辺りを再確認してみました。

Ys201 Ys205

先端のちぎれたススキは、シカに食べられたのでしょうか?そして右の写真・・昨年のものと思われる枯れた茎が残っていました。「やっぱりこの場所に間違いない!」

一昨年の記憶では、開花株とそれに近い大きさの株が結構ありました。でも、残っていたのは、2~3年生と思われる小さな株が少しだけでした。シカではないのかも?

Ys220

少し離れた所に生えていたこの株が、上の開花株以外で一番大きいものでした。

実は、一番目の場所も二番目の場所も、周辺のヒノキ林にある変化がありました。それは、一昨年無かった鹿対策が施されていたのです。双方の施工法には違いがありました。二番目のこの場所だけ姿を消している事から考えると、施工者に採取されたとも考えられます。

期待していた場所だけに、がっかりですweep。残った株が無事育って、子孫を増やしてくれると良いけど・・。

« ベニバナヤマシャクヤク①(富士山麓) | トップページ | 針葉樹林に生える植物(富士山麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

やまぼうしさん、お早うございます。
状況から見て、人間に連れ去られたものと思います。
一昨年見た株数から、とても期待していた場所だったのですが・・。

ところで、バアソブの苗を地植えにしました。
かなり伸びて来ましたよ。
上手く花が見られると嬉しいのですが・・。

bbhouseさん、お早うございます。
有難うございます。
魅力的な場所が彼方此方にありますので、少しずつ探索して行こうと思っています。
またいろいろ教えてください。

こんばんは!

シカがたくさんいる神奈川県丹沢ですが、
ベニバナヤマシャクヤクも
ヤマシャクヤクも食べません。
どちらもたくさん咲く場所があるのですが
やはり食べないフタリシズカとマツカゼソウと
一緒に生育しています。

残ったのが無事に増えてくれるといいですね。

こんばんは。

盗掘?  残念です。

でも、この付近には、まだまだ可能性のある場所がたくさんあるはずです。

来年は、もう少し散策範囲を広げては如何ですか?


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59866662

この記事へのトラックバック一覧です: ベニバナヤマシャクヤク②(富士山麓):

« ベニバナヤマシャクヤク①(富士山麓) | トップページ | 針葉樹林に生える植物(富士山麓) »