他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クマガイソウ(フクロウの森) | トップページ | イチリンソウ(富士山南麓) »

ナベワリ(富士山南麓)

まだまだ初心者とは言え、何年か歩くと興味ある植物を見る場所が幾つか出来ます。私がこの場所で見るのは、タチガシワとこのナベワリです。

R213

この日も時間が無く、出会えたのはこの一株だけでした。

R207 R210

花は下を向いて(ぶら下がって)咲くので、反則技を使いました。右は画家「Photo Shop」の作です。

R207t

トリミングしてみました。「オシベは4個、葯は黄赤色」と書かれています。何となくお猿の顔のように見えます。

葉が有毒で、舐めると舌が割れる→舐め割り→ナベワリという和名が付いたそうです。

« クマガイソウ(フクロウの森) | トップページ | イチリンソウ(富士山南麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

tomokoさん、今晩は。
植物の名前は、図鑑で漢字を確認すると覚えやすいですね。
舌が割れるほどの強烈な植物を、食べた人がいると言う事ですね。
初めて富士山麓を探索した頃は、この植物にも気付かなかったと思います。
何でも注目する事が大切ですね。

こんにちは~
ナベワリとは珍しい! っと興味津々で見せて頂きました。
舐め割るがなまって変化したのですね。
やはり日本の漢字っていいなあ~ 意味が判りますものね!

珍しい植物ばかりで、勉強になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59585252

この記事へのトラックバック一覧です: ナベワリ(富士山南麓):

« クマガイソウ(フクロウの森) | トップページ | イチリンソウ(富士山南麓) »