他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キンランとササバギンラン(近くの雑木林) | トップページ | テンナンショウ属 »

ウラシマソウ(テンナンショウ属)

この季節、彼方此方でテンナンショウ属の植物が目に付きます。今日は、その仲間のウラシマソウを観察してみました。

T426311

萌の散歩道に生えていたこの不気味な植物は、ウラシマソウです。

T42636 T42635

「肉穂花序の先端の付属帯、は釣り糸状に長く伸長し・・」と図鑑に書かれています。この釣り糸のような付属帯から、浦島草の名が付けられたそうです。

T42631 T50640

葉の様子。「成株では11~17枚の小葉を鳥足状に付ける・・」ただし、実生間もない小さな株は、もっと少ないようです。

T4265

「仏炎苞は濃紫色、緑紫色、緑色などで変異があり・・」この日は、濃紫色のか花だけしか見当たりませんでした。不気味な花でしょ?

【浦島草/ウラシマソウ】サトイモ科テンナンショウ属。宿根生の多年草。

« キンランとササバギンラン(近くの雑木林) | トップページ | テンナンショウ属 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59614942

この記事へのトラックバック一覧です: ウラシマソウ(テンナンショウ属):

« キンランとササバギンラン(近くの雑木林) | トップページ | テンナンショウ属 »