他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« イチヨウランとの再会(富士山) | トップページ | 亜高山帯の植物(4月下旬) »

バイケイソウ(4月下旬)

またバイケイソウの登場です。標高差による、成長の違いを比べてみました。

【標高:約1,650m】

B003 B031

他の植物に先駆けて、芽を出しているのはバイケイソウです。この頃が一番好きです。右の大きい株は、少し黄緑色に見えました。

B067

仲睦まじく、並んで生えていた二株。

【標高:約1,150m】

B121 B124

ここではかなり葉が開いていました。

B221 B143

立派な株と小さな株。右は曙斑のような感じで、遠くから目に付きました。

B122

バイケイソウは、大きな葉で見応えのある植物です。

【標高:約1,000m】

B233 B237

「フクロウの森」のバイケイソウです。この辺りから上(標高の高い方)に生えています。

最後に、今年も出会える事を願って、昨年見つけた斑入りのバイケイソウを載せます。

【斑入りバイケイソウ】

Bf157 Bfdsc01523

大きな株に、寄り添うような感じで生えていました。

Bf154

諸先輩のブログで見る斑入り株に比べて、白い部分が多い・・株の様子から見てもあまり丈夫そうではありません。連休になったら、安否を確認に行こうと思っています。

« イチヨウランとの再会(富士山) | トップページ | 亜高山帯の植物(4月下旬) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59561132

この記事へのトラックバック一覧です: バイケイソウ(4月下旬):

« イチヨウランとの再会(富士山) | トップページ | 亜高山帯の植物(4月下旬) »