他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 富士山高鉢周辺(5月中旬) | トップページ | イチヨウラン①(富士山) »

亜高山帯新エリア探索(富士山)

昨年より、探索エリアを広げて来ました。この日も、少しだけ新しいエリアに足を踏み入れてみました。

U027

雪の残る上の方は、もう少し後で・・。

U024 U026

ここにも、まだ雪の塊がありました。恐竜の骨を連想させる針葉樹の倒木を眺めながら、奥へ進みました。

U065 U066

樹木密度が高く、溶岩と苔の多い林です。

U067_2

うっかりすると、溶岩の隙間に足をとられてしまいます。

U073 U079

足元に目をやると、五葉松の赤ちゃんが生えていました。そして松ぼっくりの付いた枝を発見!父親が残した盆栽の五葉松より葉が長いけど、種類が違うのかな?

U091

所々に開いた溶岩の穴を覗くと、雪の塊や氷柱が見えました。

U101 U102

更に進むと、歩くのが困難な状態です。仕方なく方向転換して、道路に出る事にしました。バイケイソウの姿が見えてホッとしました。

こんな場所も、GPSがあるから立ち入る事が出来ます。今後も、自分の体力を考えながら、探索範囲を広げて行きたいと思っています。

« 富士山高鉢周辺(5月中旬) | トップページ | イチヨウラン①(富士山) »

地域文化」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59683719

この記事へのトラックバック一覧です: 亜高山帯新エリア探索(富士山):

« 富士山高鉢周辺(5月中旬) | トップページ | イチヨウラン①(富士山) »