他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« スズカケノキとマツバラン | トップページ | ノウルシ(沼津浮島地区) »

オオフサモ(沼津浮島地区)

午前中事務仕事をして、午後からは休みでした。帰宅時に、沼津市の田園地帯を少しだけ探索して来ました。お陰で遅い昼ご飯となってしまいました。

Oh009 Oh022

昨晩雪が降ったため、愛鷹山は白くなっていました。水路の先を見ると何かが生えています。近づいて見ると・・。

Oh016 Oh015

オオフサモでした。

O010 O024

確か以前もこの近くで見かけました。

O021

良く見ると綺麗な葉の植物です。

O022

更に接写。初めてこの植物に出会ったのは、富士市の田園地帯でした。綺麗なので、家のビオトープで栽培してみようなんて思ったのですが・・。

オオフサモは南米原産で、日本には1920年頃持ち込まれたそうです。「日本にあるのは雌株のみで種子は生産されない」と図鑑に書かれています。どうして彼方此方に広がったのでしょう?この植物は、特定外来生物に指定されています。

【特定外来生物】

外来生物法により、生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害を及ぼすもの、または及ぼす恐れのある外来生物の中から指定され、下記のような規制があるそうです。

◇飼養、栽培、保管、運搬、輸入、譲渡などの禁止(許可を得た場合いは別)

◇野外へ放つ事の禁止

« スズカケノキとマツバラン | トップページ | ノウルシ(沼津浮島地区) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59297292

この記事へのトラックバック一覧です: オオフサモ(沼津浮島地区):

« スズカケノキとマツバラン | トップページ | ノウルシ(沼津浮島地区) »