他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 日照が苦手な植物達 | トップページ | 沼津浮島地区の植物 »

スギ・ヒノキ林再び

先週、一時間ほど近くの山林探索に行って来ました。

Rh001

木々の合間に見える富士山は、春霞がかかっているようでした。

Rh015

シュスラン属が生えると思われる林は、また雪に覆われていました。お陰で、この日は(シュスラン属に)出会う事が出来ませんでした。

R016 R014

林床で確認出来る緑は、ツルリンドウとヒノキゴケ、シシガシラ(シダ)等でした。ちょっと寂しい探索でした。

R015

数ある苔の中でも、ヒノキゴケは手触りが良いので気に入っています。

Rh008 Rh006

ここでは、比較的多く見る事が出来ました。

R019 R017

更に進むと、ミヤマシキミの蕾を発見!この二つの違いが、どうしてなのか分かりません。

R018

雌雄異株だそうですが、これは雄花か雌花か?

M050 M051

こちらはスギの樹皮と葉です。花粉症を引き起こす植物は、60種以上報告されているそうです。その中でも、スギ花粉が一番多いそうです。

私は花粉症などあり得ないと思っていました。幼い頃から、スギやヒノキの花粉をいっぱい浴びて来たからです。でも、このところ花粉症にかかったと思えるような時があります。だからと言って、山歩きを止める事はありませんが・・。週末が待ち遠しい!

« 日照が苦手な植物達 | トップページ | 沼津浮島地区の植物 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59322387

この記事へのトラックバック一覧です: スギ・ヒノキ林再び:

« 日照が苦手な植物達 | トップページ | 沼津浮島地区の植物 »