他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヒトツボクロ | トップページ | 海沿いの景色 »

ミヤマシキミ

今日は一日の温度差が激しい日でした。朝はかなり暖かでしたが、夕方は霙混じりの雨が降っていました。仕事先から帰宅すると、薄ら積っている場所もありました。

薄暗い林の中を歩いていると、赤い実が目に入って来ました。

Ms016

近づいてみると、どうもミヤマシキミのようです。ツルシキミという、ミヤマシキミの変種があるそうですが、私にはこれがそうかは分かりません。

Ms054 Ms064

この赤い実には、なかなか出会えません。それもそのはずで、ミヤマシキミは雌雄異株だそうです。花が咲いているからと言って、必ず実が生る訳ではありません。

Ms037 Ms040

旧式のカメラは、薄暗い所が苦手・・。

Ms034

アップで撮ってみました。

Ms059 Ms062

こちらには、蕾がありました。蕾と果実を、一緒に見る事が出来ます。面白いですね。花が咲いたら、雌雄の違いを観察してみよう!

そして更に進むと・・。

Ms065 Ms066

シキミが生えていました。富士宮市から富士市にかけての山間部では、シキミの栽培が盛んです。鳥が種を運んで来たのかな?でも、シキミの種は猛毒だそうです。鳥は食べても大丈夫なんだろうか?

シキミやお茶の木は、ヒノキや杉の林内でも見かける事があります。農薬散布しなくても、病気にならず元気に育っています。薬に頼らない栽培法が考案されると良いのですが・・。

« ヒトツボクロ | トップページ | 海沿いの景色 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59071720

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマシキミ:

« ヒトツボクロ | トップページ | 海沿いの景色 »