他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ノウルシの目覚め(浮島ヶ原自然公園) | トップページ | その他の植物(浮島ヶ原自然公園) »

目覚める前のミツガシワ(浮島ヶ原自然公園)

今日も慌ただしい一日でしたsad。帰宅して風呂に入った時が一番リラックスします。

A047 A055

雪の愛鷹連峰。このところずっと白いままです。

F045 F052

富士山も裾まで白くなっています。いつも隠れてばかりなのに、この日はちょっと機嫌が良かったです。

ノウルシに続いて、浮島ヶ原自然公園の植物観察です。

Y051 N058

枯れ姿の葦の根元には、緑色の葉がチラホラ見えます。そして、水の中を覗くと・・。

Mt068 Mt067

ミツガシワの茎が確認出来ます。中央付近に見える、竹の根のようなものです。

Mt073 Mtdsc01853

こちらにも・・。2010年に、実家(浮島の田園地帯某所)より移植されたミツガシワは、この場所が気に入ったようで無事育っています。

Mimg_5432

数年前に撮った実家に咲くミツガシワです。井戸水の水温のせいか、浮島ヶ原自然公園の方が、実家よりも早く咲くようです。

更に、注意深く水中を覗いていると・・。

Mt072 Mz071

葉が見えます。これはミツガシワではなくて、ミズバショウかな?柵があってこれ以上接近出来ません。

盛期の植物観察も良いですが、こうして休眠期や目覚めの頃に見るのも、想像力が働いて楽しいものです。

« ノウルシの目覚め(浮島ヶ原自然公園) | トップページ | その他の植物(浮島ヶ原自然公園) »

植物観察」カテゴリの記事

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

コメント

tomokoさん、今晩は。
ミツガシワは、本来寒冷地の水辺に生える植物だそうです。
でも、比較的暖かい田園地帯に残っていたので、静岡県では要注目種に指定されています。
こちらでは、4月頃から5月の連休頃まで咲いています。
草丈は、20~30cmくらいでしょうか。
髭の出たような花が面白いですね。
初めてこの植物の群落に出会った時は、感動しました。

先日の大雪に一喜一憂しながら、まだまだ寒の気分でいましたが、
自然界は既に春の到来を察知して動きはじめていますね!
水温む?  見ているだけでも気持ちがほっとして嬉しくなります。
ミツガシワの花、馴染がありません。どのくらいの大きさでしょう?
そして、いつ頃、花を咲かせるのかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59120638

この記事へのトラックバック一覧です: 目覚める前のミツガシワ(浮島ヶ原自然公園):

« ノウルシの目覚め(浮島ヶ原自然公園) | トップページ | その他の植物(浮島ヶ原自然公園) »