他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 頼朝の井戸の森(裾野市) | トップページ | 十里木散策の植物② »

十里木散策の植物①

史跡探訪の記事が続きますしたから、植物観察に戻ります。

E003 E005

左は、ウツギの仲間のようです。そして右は、行く手を阻む棘の塊・・凄いでしょ?

E028 E045

ノイバラで良いのでしょうか?右の枝にも棘がある。何だろう?

E047

サンショウバラである事が、一つだけ残っていた果実で分かりました。

E051 E053

左は、キツツキの仲間に開けられた穴の縁が盛り上がったのか、それとも枝の折れた後に出来た穴なのか?林床にはカエデ属の葉が堆積していました。

E021

緑の少ないこの季節だからこそ、枝に挟まった葉にも目が行きます。

E054_2 E109

良く見ると、緑色の葉を付けた植物もありました。ミヤマシキミのようです。右は民家の庭先で見つけました。蕾と果実が同居しています。

E066 E094

ヤマユリの蒴果に、ウバユリの蒴果。

E093

この蒴果には、何故か目を惹かれます。

今日はブログを書くときに、MSのIMEではなくBaid IMEという日本語変換が起動してしまいました。慣れないせいか、使いづらい・・。

さて、明日はまた熱海です。少し早く出なくてはなりません。

« 頼朝の井戸の森(裾野市) | トップページ | 十里木散策の植物② »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

よしこさん、今晩は。
植物の枯れ姿には、花の季節だけ見ていると、気付かない美しさがあると思います。
植物観察をし始めた頃、行き先も分からず近くの山林を歩いていました。
ドライフラワーを見ると、その頃の気持ち・・初心に返る気がします。

こんばんわ。
私もなぜかユリの蒴果、好きです。もっとも、うちのあたりで見られるのはタカサゴユリばかりですが。百合ばかりではなく蒴果というのか、花殻っていうのか、枯れたこの姿、好きですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/59040454

この記事へのトラックバック一覧です: 十里木散策の植物①:

« 頼朝の井戸の森(裾野市) | トップページ | 十里木散策の植物② »