他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 甲斐犬「萌」 | トップページ | 趣味の果樹畑(1月) »

ドライフラワーと落ちない枯れ葉

今日も分刻みの慌ただしさでした。最終の打ち合わせ会場へは、約束の2分前に着きました。冷や汗ものでしたcoldsweats02。そして、明日も休日出勤です。歳なので、少しは楽をさせてもらいたい・・。

S098

ドライフラワー?Wikipediaには、「自然の花、葉、茎、果実等を乾燥させて装飾等に使うもの」と書かれていますので、タイトルをドライフラワーとしました。

これは野菜畑の隅に植えてある酔芙蓉の果実です。バックに見えるのは、雪を纏った富士山です。

S099 S101

種を彼方此方に蒔いてみようかな・・。

S041 S035

こちらは庭に植えてある芙蓉です。芙蓉と何処で区別するかって?花を見なければ分かりませんbleah

S039 S007

左はアジサイのドライフラワーです。右は・・アカネの果実だと思います。

そして、なかなか葉の落ちない落葉樹を・・。

S062 S013

果樹畑に植えてあるブナとコナラ(?)です。山林に植えようと、ドングリを蒔いて苗を育てています。ヒノキやスギより役に立つかも?

S026

こちらにも頑張っている枯れ葉があります。マンサク(シナマンサク)の葉です。花が咲く頃まで付いています。

S031 S034

株元のヒコバエには、黄色く紅葉した葉が残っていました。右は、マンサク(シナマンサク)の蕾と果実(中央)です。

K003

カシワの葉も落ちないで頑張っています。

落葉樹なのにどうして何時までも葉が落ちないのでしょう?日本植物生理学会のHPに下記のような文章が載っていました。

「ブナ科のカシワ,コナラ,クスノキ科のヤマコウバシ,マンサク科のシナマンサクなどは,枯れて褐色となった葉をつけたまま越冬します。ヤナギ科のヤマナラシ(ポプラのなかま)も黄白色の葉を春までつけています。これらの植物の祖先は常緑性だったので,その性質がこのような型でたもたれたまま温帯域まで分布をひろげて種分化をとげたようです。」

« 甲斐犬「萌」 | トップページ | 趣味の果樹畑(1月) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58921012

この記事へのトラックバック一覧です: ドライフラワーと落ちない枯れ葉:

« 甲斐犬「萌」 | トップページ | 趣味の果樹畑(1月) »