他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 秩父宮記念公園の植物観察① | トップページ | 秩父宮記念公園(母屋と銅像) »

秩父宮記念公園の植物観察②

ヒノキの林を抜けると、三本の大きな木が目に入って来ました。何だろう?

B009 B011a

案内看板には、モミジバフウと書かれていました。

B014a B012

先端部には繊細な枝が見えました。「樹皮は淡紅褐色。浅く縦に裂ける」と樹木図鑑に書かれています。モミジバフウなら、あの特徴ある果実(集合果)が落ちているかもしれない・・。

009

片付けられてしまったようで、一つだけ見つかりました。

B013 B014

この斑入り葉の植物も名前が分かりません。中央の白い蕾は、スノードロップかな?

B018 B017

雑木林のエリアには、フユノハナワラビの仲間が生えていました。右の株には、胞子葉が見えます。

B010

この褐色の葉は、イカリソウのようです。良く見ると彼方此方で確認出来ました。

B018a B017a

これはクレマチス?冬なのに葉が青々している・・。売店で売られている花だよりを見ると、ウインタークレマチスと書かれていました。

秩父宮記念公園に入ったのは、これが初めてです。残念ながら花の季節ではありませんでしたが、植物リストを見ると興味深い品種がいろいろ載っていました。花の季節が楽しみです。

« 秩父宮記念公園の植物観察① | トップページ | 秩父宮記念公園(母屋と銅像) »

史跡探訪」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58970827

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父宮記念公園の植物観察②:

« 秩父宮記念公園の植物観察① | トップページ | 秩父宮記念公園(母屋と銅像) »