他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 仕事先での自然観察(御殿場市) | トップページ | ロウバイの花(裏庭植物園) »

林の中の馬頭観音様

【つぶやき】

今日は、先日買ったプリンターのセットアップなどをしました。「いろんな機能が付いた分、(年寄りには)だんだん使い難くなって来た・・」というのが、正直な感想です。

WiFi(無線接続)対応だそうで、PCとの接続ケーブルも付属していません。我が家のパソコンは、自分で組み立てたものなので、赤外線装置も無線LANも内蔵しておりません。運良く、昔MOドライブに使っていたUSBケーブルが使えたので、買いに行く事もなく接続出来ました。

「メーカーさん、USBケーブルくらい付けておいてよ!無駄だと思うなら、直接接続する人には、別途購入の必要がある事を表示すべきじゃないですか?不親切だと思います。」

【史跡探訪】

J017 J023

そんな雑用があったため、遠出は出来ず萌の散歩道を少し延長して散策(いつもの探索ではなく)して来ました。この辺りの山林は、戦後間もない頃は、茶畑だったそうです。名残の石積みや野生化した茶の木が目に付きました。

J021 J031

所々に見える小さな石積みは、土地の境界を示します。でも、かなりいい加減だと思います。スギやヒノキを植林したのは、私の父親や祖父の代です。それを引き継いだ地主でも、自分の山林を見に来る人は殆どいないかもしれません。

そして、散策している内に予定外の場所へ足が向きました。

J024 J027

「あっ、馬頭観音様(石仏)が倒れている!」元の所に戻しましたが、また倒れるかもしれません。2011年3月15日に起きた、静岡県東部地震の数ヵ月後に、ここを訪れ直した事があります。コンクリートで固めれば良いのですが、我が家の山林ではないので、勝手な事は出来ません。

J118 J114

初めてこの馬頭観音様を見た時は、お坊様の肩にキツネが乗っていると思っていました。罰当りでしょ?

J125 J125y

もう少し接近してみます。ストロボ発光とモノクロ加工。「う~ん、お坊様の表情も馬の表情も何というか・・」

側面に刻まれた文字から、この馬頭観音様は嘉永三年(1850年)の旧正月に祀られたようです。しかもこの場所ではなく、別の地名が書かれていました。誰かがこの場所に移動したものだと思われます。

ところで、プリンターは買ったけど年賀状25日までに出せそうもありませんcoldsweats01

« 仕事先での自然観察(御殿場市) | トップページ | ロウバイの花(裏庭植物園) »

史跡探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58807946

この記事へのトラックバック一覧です: 林の中の馬頭観音様:

« 仕事先での自然観察(御殿場市) | トップページ | ロウバイの花(裏庭植物園) »