他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 夕日を浴びる植物 | トップページ | 趣味の果樹畑(十二月) »

クロヤツシロランの果実(12月中旬)

11月中旬に、萌のお手柄で見つけたクロヤツシロランの自生地を、先週末覗いてみました。

D020

果実の殻が割れ、白い種が落ちていました。この株、二股に分かれているけど花の咲いた場所との継ぎ目が良く分からない・・。

普通、地際スレスレの短い一本の茎に、一本或いは複数の花が咲きます。そして受粉すると茎の高さは変わらず、各々の花(果実)柄が伸びて行き、その継ぎ目もはっきり分かると思っていました。このように分岐点が高い所に無かったと思うのですが・・。

D023 D023f

何とまだこんな状態の果実がありました。同じ場所でも、開花時期に差がある事は分かっていましたが、ここから数百メートルの自生地で見た果実の時期からすると、二月以上の差があるように思います。上手く撮れないので、モノクロ変換してみました。

D020s D017

ストロボ発光・・やっぱり、上手く撮れないcoldsweats02。右は露出した球根です。丸くないけど・・。

D024e D023s

左の写真の後ろに横たわっている二本の白いものは、種が飛散して萎れかけた果実柄です。球根もモノクロに加工。

何年か見て来たクロヤツシロランですが、まだまだ知らない事がいろいろあるようです。来年も観察を続けてみようと思います。

« 夕日を浴びる植物 | トップページ | 趣味の果樹畑(十二月) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58779873

この記事へのトラックバック一覧です: クロヤツシロランの果実(12月中旬):

« 夕日を浴びる植物 | トップページ | 趣味の果樹畑(十二月) »