他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ヒガンバナの植付(滝川土手) | トップページ | クロヤツシロランの果実(その後) »

ボタンヅルとセンニンソウのそう果

今日は予報通り昼から雨が降って来ました。昨日趣味の野菜畑に行っておいて良かった・・。

野菜畑の隣に、果樹エリアがあります。全体を撮るのが恥ずかしいほど、枝が伸び、雑草も勢力拡大をしています。果樹畑のザクロの木にそう果(単純で乾いた果実の一種)をつけたセンニンソウ属が纏わりついていました。

B431

この写真は、富士山麓で9月末に撮ったものです。ちょっと見難い写真で恐縮ですが、左側にボタンヅル、右側にセンニンソウが写っています。この二種類は、花もそう実も似ている紛らわしいヤツです。

【ボタンヅル】

B427 B429

上の写真と同じく9月末に撮りました。「広卵形で、先は鋭く尖り、不揃いの鋸歯がある」・・葉の形でボタンヅルである事が分かります。

B425 B426

「羽毛状になった花柱をつけたそう果」・・こちらも図鑑の表現です。

B209

接写してみました。

【センニンソウ】

B043 B045

こちらは、趣味の果樹畑で撮ったそう果です。右は、少しだけ残っていた葉。「小葉は厚くやや光沢があり、卵形または卵円形で、先端は小さく突出する。普通鋸歯はない・・」言葉で特徴を現すのは難しいですね。

B046

良く見ると、上のボタンヅルのそう果より、少し幅広です。

B202 B048

図鑑には「扁平な卵形」と表現されていました。

B204

センニンソウ属の「羽毛状になった花柱をつけたそう果」は、こうして逆光で見ると美しいですね。

さて、今日は19時から町内の役員会があります。勤め人にとって、日曜の夕方の役員会は辛い・・。

« ヒガンバナの植付(滝川土手) | トップページ | クロヤツシロランの果実(その後) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

雪ん子さん、今晩は。
落葉樹の葉が落ち、寂しくなった頃、富士山麓ではこれらの綿毛が花のようで綺麗です。
私も、ブログ友が栽培していた、バアソブの種を頂きましたので、蒔いてみようと思います。
まだ出会った事が無いのでとても楽しみです。

ボランティアは、仕事の関係もあってなかなか出来ませんが、出来るだけ参加しようと思っています。
いろいろな人と知り合えて楽しいです。

センニンソウとボタンズル、花の写真は撮っても、その後はなかなか・・・coldsweats01
今回やまぶどうさんがUPして下さって嬉しいです。
私ボタンヅルの花が好きで、去年種を蒔いてみました
花が咲くのは何年後なのでしょう・・・楽しみです。

↓ ヒガンバナの植え付け、お疲れ様でした
こういう地道な作業があって、美しい花が咲くのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58550091

この記事へのトラックバック一覧です: ボタンヅルとセンニンソウのそう果:

« ヒガンバナの植付(滝川土手) | トップページ | クロヤツシロランの果実(その後) »