他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 趣味の野菜畑(11月下旬) | トップページ | 果樹畑(11月下旬) »

富士山散策⑧

「なんだ、まだ続くのかよ!」・・先週は山歩き出来ませんでしたので、もう少し同じルートの記事にお付き合いください。

⑦の紅葉を見て更に進むと、何処となく記憶に残る場所へ出ました。

Qdsc00039 Qdsc00040

彼方此方に、ブナの木が目立っていました。

Qdsc00041 Qdsc00052

根張りの良さそうなブナですね。そして、その樹皮を見ると・・この傷は落書きか熊の爪痕か?

Qdsc00044 Qdsc00047

頭上を見上げると、まだ落ちていない実(殻斗だけかも?)もありました。右はブナの実・・三角錐みたいな形です。

Qsc00050 Qdsc00073

こちらはブナの殻斗です。三角形の台座が良く見えます。そして右はオニシバリです。先日行ったホームセンターの園芸コーナーに、「ナツボウズ」と名札の付いた植物が売られていました。良く見るとこのオニシバリでした。

更に進むと・・。

Qdsc00056 Qdsc00057

カメの破片が落ちていました。富士山麓を歩いていると「どうしてこんな所に?」と思えるような場所に、陶器の茶わんや一升瓶の欠片などを見る事があります。炭焼きや山仕事の人たちが残した物だと思います。

そしてその横には、露出したビニル配管がありました。ここで、以前見つけた湧水地が脳裏に浮かびました。この配管は生きていない(水が流れていない)ようですが、昔はあの湧水地から水を引いていたのかもしれません。

Qdsc00059 Qdsc00058

このヌタバ(沼田場)を見て、以前観察会で来た場所だと分かりました。その時はこの日歩いたルートと違いましたが・・。だんだん、探索エリアが繋がって行きます。ここで昼食を食べてから引き返す事にしました。

この辺りで、気になった木を集めてみました。

Qdsc00037 Qdsc00036

このブナの枝、良く見ると幹と枝がくっついています。

Qdsc00078 Qdsc00077

次に視界に入って来たのはこのヒメシャラです。双幹木?逆さにすると人間の足のようでしょ?

Qdsc09983 Qdsc09981

こちらは、もたれかかったままくっ付いています。こういう変わった木を探し歩くのも楽しいです。

Qdsc00130

最後に、時々見かけるネコノメソウの仲間。緑の葉と褐色系の葉・・これも面白いでしょ?

« 趣味の野菜畑(11月下旬) | トップページ | 果樹畑(11月下旬) »

地域文化」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58648790

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山散策⑧:

« 趣味の野菜畑(11月下旬) | トップページ | 果樹畑(11月下旬) »