他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クロヤツシロラン(萌のお手柄)② | トップページ | 富士山麓散策① »

三株のスギラン(富士山)

先週末、久々に富士山麓を探索して来ました。木々の葉が落ちたこの季節だからこそ気付く植物もあります。

このスギランもその一つです。この日は、三ヶ所で観察する事が出来ました。

【第一の場所】

Ldsc09816

昨年の秋に見つけたスギランは、このブナの巨木に着生していました。肉眼では、はっきり確認出来ないほど高い所にありました。両腕を広げた枝の真ん中の枝です。分からないですよね。

Lcdsc09805 Lcdsc09809

光学ズーム50倍、手持ち撮影です。腕を上げて撮るので、かなりピンボケ・・。

【第二の場所】

Ladsc09993 Ladsc09998

この日初めて見つけた株です。斜面の下の方に見えた苔生す巨木が気になり、降りてみました。こういう「感」に従って動いた時、嬉しい出会いが幾度かありました。

Ladsc00013 Ladsc09987

巨木は、イタヤカエデでした。北側に生えているので撮り難い・・。

【第三の場所】

Lbdsc00172 Lbdsc00161

以前、観察仲間に教えてもらった場所のスギランです。

Lbdsc00159 Lbdsc00173

比較的低い所に生えていますので、少しはましな写真が撮れました。

Lbdsc00166

光学ズーム50倍で撮ってみました。胞子嚢が確認出来ます。

ところで、第一の場所のスギランと下の二ヶ所の株を比較すると、枝の長さや感じが違いますが 、これは年数の違いでしょうか?一番上が若木?ご存知の方教えてください。

※スギラン(シダ植物、ヒカゲノカズラ科)は、環境省第四次レッドリストで絶滅危惧種Ⅱ類(VU)に指定されています。

« クロヤツシロラン(萌のお手柄)② | トップページ | 富士山麓散策① »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58601636

この記事へのトラックバック一覧です: 三株のスギラン(富士山):

« クロヤツシロラン(萌のお手柄)② | トップページ | 富士山麓散策① »