他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ダイモンジソウ(愛鷹山系) | トップページ | コケモモの実(富士山須走口) »

須山口の自然観察(残り)

今日も暑い一日でした。どうなっているのでしょう?

須山口で撮った写真が残っていますので、まとめて登場です。

Z066 Z069

ハナヒリノキの果実が生っていました。柄の付いたリンゴのような形で面白いですね。

Z051 Z054

近づいても動かないバッタ・・どうしたのだろう?あっ、フンをしている!

Z090 Z093

こちらは石の上で日向ぼっこしています。

Z125 Z145

今年はイワツメクサの花を見逃してしまいました。せめて葉だけでも・・。

Z103 Z132

礫地に生えるフジハタザオ。右には幽霊斑(ウブ斑)の葉が見えています。

Z078

仲良く並んでいるのは、ヤマホタルブクロとフジアザミの赤ちゃんです。

Z158

砂礫地に生えるヤナギ・・バッコヤナギで良いのでしょうか?

Z174 Z172

こんな地衣類も、独特の景観を醸し出しています。

Z180 Z179

固い地衣類。名前は分かりません。

Z176 Z185

付近の岩には、こんな地衣類も・・。硫黄がくっついたわけではありませんよ。

Z040 Z045

そして時々見かけるキノコです。棘状のササクレ・・モエギダケ科スギタケモドキではないでしょうか?体質によっては中毒を起こすと書かれています。

Z046

何となく可愛い・・。

これで、富士山須山口周辺の探索記事は、お終いです。探索してから時間が経ってしまいました。

« ダイモンジソウ(愛鷹山系) | トップページ | コケモモの実(富士山須走口) »

植物観察」カテゴリの記事

生き物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58373211

この記事へのトラックバック一覧です: 須山口の自然観察(残り):

« ダイモンジソウ(愛鷹山系) | トップページ | コケモモの実(富士山須走口) »