他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 休日の甲斐犬「萌」 | トップページ | マルバノホロシ(裏庭植物園) »

シロアヒル(小潤川)

10月14日の夕方・・車の定期点検の帰りに、富士市の町中を流れる小潤井川を覗いてみました。

K047

腰の運動になるパノラマ撮影です。中央の木の所で、川が曲がっているように見えますが、実際は真っ直ぐに流れています。

K048

この川沿いには、カワセミも棲んでいます。でも、いつの間にかカワセミの止まる木が少なくなってしまった・・。

K029 K043

彼方此方に、西洋朝顔が咲いています。その下を見ると、アカミミガメが日向ぼっこしていました。この日は暑かったので・・。

初めて、野鳥の写真を撮りに来た時、シロアヒルが二羽棲んでいました。でも、最近では一羽しか見られません。

K002 K010

残った一羽のシロアヒル・・今年も無事でいました。良かった!尾のカールした羽が可愛いですね。

K007

カルガモと仲良く遊んでいました。このアヒルはオスなのかそれともメスなのか?

K006 K023

何を食べているんだろう?

K030

泳いでいる時は、ちょっとスリムな感じに見えます。

この川のファンは多く、この日も古のお姉さんがいました。シロアヒルの話をすると、昔は七羽いたそうです。アヒルは、マガモから人為的に作られた家禽です。という事は、カモ類とのMIXが生まれるはずです。シロアヒルの子は、生まれないのだろうか?

« 休日の甲斐犬「萌」 | トップページ | マルバノホロシ(裏庭植物園) »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58429792

この記事へのトラックバック一覧です: シロアヒル(小潤川):

« 休日の甲斐犬「萌」 | トップページ | マルバノホロシ(裏庭植物園) »