他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« コケモモの実(富士山須走口) | トップページ | ヒガンバナの実 »

ダイモンジソウ奇花(実生栽培)

我が家には、父親が残したダイモンジソウの花が何株かあります。最近では、花色や花形が変化に富んでいて、野生種から想像出来ないような園芸品種を、ホームセンターなどで見る事が出来ます。

D033 D036

これは花弁の形が変わっている上に、薄い緑色をしています。野生種とはかなり違いますね。ところで、中央の花のオシベの先端を見てください。コバエが突き刺さっています。まるでモズのハヤニエのようです。この犯人は何だろう?

そして、我が家で生まれた奇花を見てください。

D028 D047

出がけに、慌てて撮ったため見難いですが・・。花が終わって萼片だけ残ったように見えますが、萼片は花弁と同じく5枚のはずです。ところが、この花を良く見ると10枚に見えます。

D041 D038

蕾も同じく、長い花弁が見えません。

D031

これは、萼片5枚と萼片そっくりの花弁が5枚・・併せて10枚の萼片に見えるようです。面白い花でしょ?

現在二株咲いています。上手く増えてくれると嬉しいのですが・・。

« コケモモの実(富士山須走口) | トップページ | ヒガンバナの実 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58386563

この記事へのトラックバック一覧です: ダイモンジソウ奇花(実生栽培):

« コケモモの実(富士山須走口) | トップページ | ヒガンバナの実 »