他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 新しいエリアの探索(富士山) | トップページ | 一週間前の紅葉(富士山) »

林床の植物(富士山亜高山帯)

苔生す針葉樹林内の植物観察です。急斜面で、倒木などの障害物が多く、息切れしながら撮りましたので、ピンボケばかりですcoldsweats01

初めての林内で、思わぬ植物に出会いました。

Cdsc09053 Cdsc09070

希少種の野生ラン、コハクランです。今迄、私が出会った中で、一番標高の低い所に生えていました。また探索の意欲が増して来ました。

C047

ストロボ発光。この植物を知らなければ、見逃してしまいそうな小さな葉でした。

C067 C065

色変わりし始めたカニコウモリの葉。沢山生えていますが、下界では見る事の出来ない植物です。

C018

これは赤ちゃんかな?ちょっと形が違うけど・・。

Cdsc09131 Cdsc09045

深山に生えるトウゲシバの仲間は、下界のものよりコンパクトです。右はジンヨウイチヤクソウの葉です。葉の形や斑を気に入っています。

C053 C034

コバノイチヤクソウも所々で見かけました。右は斑入りシダ?枯れ始めたシダのようです。

C011

フユノハナワラビの仲間。この標高では、あまり出会う事がありません。近くの登山道沿いでは、希少種のヒメハナワラビの方が良く見かけるかも?

C007 C009

カニコウモリやコウモリソウなどの花穂。

C015 C016

こちらはキオンのようです。

Cdsc09000 Cdsc09039

ふかふかの苔・・イワダレゴケ?右は、あまり見かけない苔ですが・・。

C036 C030

ストロボ発光・・反射して上手く撮れません。台風一過のため、彼方此方に地衣類が落ちていました。これはハナゴケ?

明日は、夕方からの仕事があります。頑張って早く終わらさなくては!

« 新しいエリアの探索(富士山) | トップページ | 一週間前の紅葉(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58490948

この記事へのトラックバック一覧です: 林床の植物(富士山亜高山帯):

« 新しいエリアの探索(富士山) | トップページ | 一週間前の紅葉(富士山) »