2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« キノコいろいろ②(富士山) | トップページ | ツルニンジン(富士山麓) »

2013年9月27日 (金)

冬支度のイチヨウラン(富士山)

針葉樹林内に生えるイチヨウランは、秋に新しい葉が出て、開花株には蕾を確認する事が出来ます。「これから雪が降る厳しい冬が来るのに蕾?」なんて思われる方もいるかと思います。私もそれを知ったのは、昨年の秋でした。

Gh023 Gh040

この季節は、葉の数が倍になります。左の写真に注目してください。枯れた花柄の根元辺りを見ると・・。

Gg035

蕾が確認出来るでしょ?

Gh038 Gh022

どの株にも新しい葉が出ています。右は?良く見ると、苔の中に新しい葉が隠れていました。古い葉は、寿命が近づくと網目のような葉脈が目立って来ます。

Gg029 Gg030

こちらは白い筋の目立つ葉です。イチヨウランは、この葉の変異も面白いです。ところで、写真を良く見ると、右の新しい葉以外に、とっても小さな葉が確認出来ます。これは株別れの新芽だろうか?横を掘って確認しようと思ったのですが、地面が固く、株を痛めそうなので止めにしました。

初夏に撮った花の写真を見てください。

Ggdsc04058

針葉樹の香りいっぱいの林内に、ひっそりと佇む姿は、出会う人を魅了して止みません。

いつまでも、無事でいてほしいものです。

« キノコいろいろ②(富士山) | トップページ | ツルニンジン(富士山麓) »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬支度のイチヨウラン(富士山):

« キノコいろいろ②(富士山) | トップページ | ツルニンジン(富士山麓) »