他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 帰り道の難所(富士山) | トップページ | 須山口付近探索①(富士山) »

オシャグジデンダ(富士山)

前記事の難所を抜けたところで、オシャグジデンダに出会いました。樹上に生えるこの綺麗なシダを見ると疲れも忘れます。

Jj285 Jj287

イタヤカエデの古木に居候していました。この場所では、直ぐ近くで3ヶ所見つけました。

Jj290 Jj297

逆光で上手く撮れない・・。

Jj336

ズームを効かせて・・。

Jj105 Jj106

冬には葉が丸まって休眠します。面白いシダです。

Jj113 Jj119

こうして透かして見るのも綺麗です。

ところで、今年の6月にこの葉が殆ど枯れた場所を見ました。少し離れた場所も同じでした。葉の更新のためか、或いは水枯れで葉を落とし、一時的な休眠に入ったのか分かりません。そして、その後葉が再生して元のような群生に戻りました。

この事について、理由の分かる方教えてください。

« 帰り道の難所(富士山) | トップページ | 須山口付近探索①(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

Naco-Jさん、お早うございます。
夏眠性ですか?それなら納得がいきます。
ずっと常緑だと思っていましたので・・。
気候異変で枯れてしまったのかと思いました。
また教えてください。

オシャグジデンダは冬に向かって葉を出す性質です。
夏眠性のはずですが、富士山では、休眠期が非常に短いですね。
単なる更新のためかもです。


 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58291755

この記事へのトラックバック一覧です: オシャグジデンダ(富士山):

« 帰り道の難所(富士山) | トップページ | 須山口付近探索①(富士山) »