他のブログ・HP

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« アキノギンリョウソウ(富士山麓) | トップページ | 亜高山帯で出会った植物(富士山) »

ミヤマウズラ(富士山麓)

風邪が治らない・・。まだ喉も痛みます。

今日は、野生ランの一種「ミヤマウズラ」の花の観察です。常緑のため、葉は比較的目にしますが、花の時期になかなか出会えません。キバナノショウキランの果実を観察していると、その隣に咲いていました。

Mu035 Mu036

HX-300で撮影。クリックすると800×600ピクセルのサイズで見る事が出来ます。粗も拡大してしまいますが・・coldsweats01。左の一番上の花を見てください。顔のようでしょ?右は、白い花を木に重ねてみました。

Mue047 Mue040

暗いところの苦手な、マクロレンズでも撮ってみました。「あっ、ちょっと日が当たって来た!」右の写真を見た家族が「紅の豚」と言っていました。

Mue044

横顔。茎も花柄も花弁も毛が生えています。

Mue045

もっと下から撮れると面白いのですが・・。ランの花って、其々変わった形をしていますね。今年は、ヒメミヤマウズラの蕾を見つけました。来年は花の時期に行けるかな?

【ミヤマウズラ/深山鶉】

ラン科シュスラン属。そういえば、シュスランて何処に生えているんだろう?園芸店でしか見た事がない・・。

« アキノギンリョウソウ(富士山麓) | トップページ | 亜高山帯で出会った植物(富士山) »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58160390

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマウズラ(富士山麓):

« アキノギンリョウソウ(富士山麓) | トップページ | 亜高山帯で出会った植物(富士山) »