他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キノコ(富士山亜高山帯) | トップページ | 我が家の留守番係 »

新たな探索(富士山)

富士山探索を始めて数年ですが、出会いたい植物がまだあります。そしてその殆どが、八ヶ岳にある事も知りました。まだ登った事が無いので、春先にその裾へ行ってみました。来春以降、少しずつ探索をしようと思っています。

ところで、仕事仲間から、数年前にある腐生植物を見つけたと聞きました。その植物の名前は「オニク」です。先日、亜高山帯に行った時、少し足を延ばしてみました。

Sdsc05968

標高2,400m辺りから見た富士山。下から見た富士山とは別の山のようですね。

Sdsc05974t Sdsc05975t

所々、砂礫に足を滑らしながら進むと、ダケカンバの密生した林になります。歩き難い・・。

Sdsc05978

こんな所に出ると少しホッとします。それにしても暑い!

Sdsc05979t Sdsc05985

オニクは、ミヤマハンノキの根に寄生する腐生植物です。この辺りに生えるミヤマハンノキは、ダケカンバと同じように斜めに生えていて、ヒコバエも多くなっています。前に進むのがタイヘン・・。

Sdsc05980 Sdsc05984

ついでの探索なので、あまり時間がありません。斜面を上ったり、下ったりして探しましたが、この日は出会う事が出来ませんでした。そう簡単に出会えるはずはありませんねbleah

Sdsc05987

ミヤマハンノキの葉です。オニクは、河口湖~鳴沢辺りのキノコを売っている店で出会った事があります。滋養強壮等に効果があるそうで、キノコ採りの人にも狙われる存在となっているため、絶滅の危機に瀕しているそうです。

Sdsc05988

亜高山帯の急斜面を上ったり下りたりして、かなり疲れたので砂礫地で一休みしました。タイツリオウギが沢山の果実をつけていました。

もう今年は、オニクの生えている時期に探索する事が、出来ないかもしれません。まぁ、来年の目標として頑張ってみようと思います。

※今日も少し仕事がありますので、この記事は時間指定でアップします。

« キノコ(富士山亜高山帯) | トップページ | 我が家の留守番係 »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58150498

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな探索(富士山):

« キノコ(富士山亜高山帯) | トップページ | 我が家の留守番係 »