他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 冬支度のイチヨウラン(富士山) | トップページ | 帰り道の難所(富士山) »

ツルニンジン(富士山麓)

今日も、無事に仕事が終わりました。私の仕事は、事前段取りと作業後の確認が主となります。それなりに神経を使う仕事です。元来大雑把な性格でも、几帳面にならざるを得ませんcoldsweats01

今日は、富士山麓で見つけたツルニンジン(ジイソブ)の観察です。初めてこの植物に出会ったのは、愛鷹林道です。その時は名前も知りませんでした。

Hh410 Hh419t

不思議なもので、一度初めての植物に出会って感動すると、次からは良く目に付くようになります。中を覗くと万華鏡みたいでしょ?

Hh170 Hh212

横顔と実(右)。実も変わっているでしょ?花の中の黒枠と同じく五角形です。

Hh169

横顔の接写。ツルニンジンの仲間には、このジイソブ以外にバアソブという種類があるそうです。私はまだ出会った事がありません。たぶん・・。

Hh174 Hh175

ピント位置をずらしてみました。中に、そばかすのような斑点があれば、バアソブだそうです。バアソブは、環境省第四次レッドリストで絶滅危惧種Ⅱ類(VU)に指定されています。

Hh183 Hh184

同じような写真で恐縮ですが、更に接近。

バアソブにも、何時か出会いたい・・。

« 冬支度のイチヨウラン(富士山) | トップページ | 帰り道の難所(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

キレンゲショウマさん、お早うございます。
半日自由時間があれば、出来るだけ出歩くようにしています。
このところ二連休が無いので辛いです。
バアソブにも、いつかは出会いたいと思っています。
来シーズン、是非誘ってください。

よしこさん、お早うございます。
外側が地味で、中が派手になっているのは、訪れる虫の為かな?
表側も派手な方が、虫が寄ると思うのですが・・。

雪ん子さん、お早うございます。
バアソブは、外から見た様子も違うようです。
なぜ、片方が絶滅危惧種になってしまったのかも、知りたいものです。
その内に出会えれば・・と思っています。

 こんばんは!
時間の無い中を、良く歩かれていますね。
私も今回初めてバアソブを確認できました。(う~ん、多分・・・)
来シーズンは、高原散策してみませんか? 

こんばんわ。
ホントに面白い花ですね。外と言うか横から見ると、日本的な感じの楚々とした花なのに、中はちょっとファッションフルーツの花のような、トロピカルな感じの模様ですね。この小さな花の中にこんなに鮮やかな模様があるなんて、とっても不思議です。

こんばんは~

私も今年二度この花に会いましたが
ジイソブとバアソブがあるのは知りませんでした。
どうやら私のもジイソブのようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58282609

この記事へのトラックバック一覧です: ツルニンジン(富士山麓):

« 冬支度のイチヨウラン(富士山) | トップページ | 帰り道の難所(富士山) »