他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ウバユリ | トップページ | イチヤクソウ(山梨県) »

ママコナとクサタチバナ(山梨県)

地域限定で植物観察していると、地域外で初めて見る植物がいろいろあります。このママコナとクサタチバナも昨年知りました。

【ママコナ】

ゴマノハグサ科ママコナ属。

Cz063

初めて見た時、夢中で写真を撮りました。ところが、周囲を見回すと彼方此方に沢山咲いていました。

C104 C101

ママコナは、半寄生植物だそうです。りっぱな葉があるのに、どうして半寄生植物なんでしょう?

C046 C065

薄暗い所にも日照の良い所にも生えています。

C068 Cz061

花冠の下唇に白い斑紋が二つ見えます。これが(ママ:ご飯)名前の由来になったそうです。でも、開花してから時間が経つと、右のように白いご飯粒が変色するようです。

【クサタチバナ】

ガガイモ科カモメヅル属。

C035

この実を初めて見た時に、ガガイモ科の植物だとは思ったのですが、名前が分かりませんでした。富士山南麓で見るタチガシワ(の実)にも似ていますが、葉が違います。

C034 C037

良く葉を見ると、どうもクサタチバナのようです。花の時期と実の時期別々に見たので、双方が結びつきませんでした。身近に生えていれば、とっくに気がついていた事でしょう。

既に花の季節は終わっていましたので、昨年撮った花の写真を掲載します。

Cz109

花が橘(ミカン科)に似ている事がこの名の由来だそうです。

Cdsc05733

同属でも地味な色のタチガシワと違い綺麗です(2012年7月1日撮影)。

いろいろな植物との出会いは楽しいものです。

« ウバユリ | トップページ | イチヤクソウ(山梨県) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57935718

この記事へのトラックバック一覧です: ママコナとクサタチバナ(山梨県):

« ウバユリ | トップページ | イチヤクソウ(山梨県) »