他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« コウリンカ① | トップページ | 草原の植物観察(その他) »

コウリンカ②

前記事はマクロレンズで撮ったものですが、今度はDSC-HX300で撮った写真を集めてみました。コウリンカの生えている様子が、もう少し分かると思います。

H032 H043

一番人目につき易いと思われる場所が、案外穴場だったりして・・。

H047 H048

この辺りのススキは丈が低いので良く目に付きます。

H052 H059

ここを知っている人は、どのあたりか分かるかも?

H058

前記事にも登場した一番花の多かった株です。

H062 H066

ススキを刈る時期を調整すればもっと増えるかも?

H157 H074

まだ蕾のものも沢山見受けられました。右はコウリンカの葉の様子です。そして更に進むと・・。

C155

踏みつけられた株がありました。

山野で植物観察をするという事は、沢山の植物を踏みつけて歩く事です。場合によっては、超希少種を踏みつける事もあります。例え自分では気をつけているつもりでも・・。自分への戒めも込めて、この写真を掲載します。

【コウリンカ/紅輪花】

キク科キオン属。環境省第4次レッドリストで、絶滅危惧種Ⅱ類(VU)に指定されています。

« コウリンカ① | トップページ | 草原の植物観察(その他) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

よしこさん、今晩は。
土地には必ず地主さんがいると言う事を認識する必要がありますね。
ずっと前ですが、我が家の山林に山芋掘りが来ました。
丁度出くわしたので「掘った後埋めて行ってください」と言ったら文句を言われました。
「この土地の地主なので、今度来たら警察に通報する」というと慌てて退散しました。

山野で植物観察している人のWebページを見ると、自分は自然保護に目を向けているような事を書いたページが多く目に付きます。
でも、その人たちも自然破壊をしているんだという認識を持つ必要があると思います。
趣味というものは、みんな自分の欲求を満たすために行われているものです。
植物観察も植物栽培もそうです。
私は山野草の栽培も違法入手でなければ問題無いと思います。
花の季節だけ見ていても、分からない事は沢山あります。
そのためいろいろな法(規制)が必要だとは思いますが・・。

こんにちわ。
コウリンカは色が鮮やかなので、写真でも鮮明に浮きあがって見えますね。
とても、きれいです。花の形も独特で、魅力的な花ですね。
出来るだけ、人の歩くところ以外、足を踏み入れないように気を付けていますが、近くの田んぼや民家でも平気で足を踏み入れる人がいて、心が痛みます。
蓮華やコスモスが生えていると、田の中を平気で歩きまわる人がいるんですよ。特にこちらでは子ども連れの(母親が多い)親子が何のためらいもなく入り込んで、子どもと花をセットに撮っていたりします。脚を踏み入れてはいけないって、書いてなくても、普通は入れないですよね。でも、全然ためらいもなく、ずかずか入って行ってしまうので、(当然、踏みつけられている)最近は田んぼの周りにロープが張られるようになったんですが、それでも、入る人がいるんですよ(;一_一)
それとか、綺麗にしている庭に入り込んだり、カメラを持っていれば当然のようにふるまう人も見かけます。その人たちには野に生えているものは、当然踏んでもいいものなのかもしれませんね。踏んでいることすら気がついていないのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57903462

この記事へのトラックバック一覧です: コウリンカ②:

« コウリンカ① | トップページ | 草原の植物観察(その他) »