他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« シロバナカノコユリ | トップページ | 富士山の蝶 »

コオニユリ(富士宮市)

土曜日は、富士山南面の森林調査でした。暑くて疲れましたsad

帰り道、気にしていたコオニユリの花を見る事が出来ました。

Ko057

オニユリに比べてずっと繊細な感じがします。一番違うのは、オニユリには葉の付け根にムカゴが出来る事です。対してコオニユリにはムカゴが付きません。

Ko039 Ko037

前記事のカノコユリと同じく下向きに咲き、花弁が後ろに巻き込んでいます。こちらの方が強く巻き込んでいますね。

Ko048 Ko047

葉も含めてオニユリよりすらっとした美人・・と言った感じです。

Ko050 Ko045

「何もこんなに巻き込まなくても・・」。花粉には気をつけましょう。服に付くと簡単に落ちないので・・。

ところで・・。

Ko078 Ko081

この蕾を見比べてください。左には、葉の付け根や蕾に毛が沢山生えています。ところが、右の蕾には毛がありません。どちらもコオニユリだと思いますが・・。

オニユリは、左のように毛が多く付きます。でも、私の探索範囲で見るコオニユリには、毛が殆どありません。

※タイトルに富士宮市と書きましたが、富士市側にも生えています。ところが富士市側では、早くに林道脇の草刈りをしたため、コオニユリも一緒に刈り取られてしまいました。富士宮市はまだ刈ってありませんので、こうして花を見る事が出来るのです。行政の動きが早いのが必ずしも良いとは限りません。でも、花を見たいからなんて理由では通らないでしょうね。

« シロバナカノコユリ | トップページ | 富士山の蝶 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57967411

この記事へのトラックバック一覧です: コオニユリ(富士宮市):

« シロバナカノコユリ | トップページ | 富士山の蝶 »