他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« マルハナバチ | トップページ | 御殿場口(富士山)で出会った植物① »

ムヨウイチヤクソウ再探索(富士山御殿場口某所)

ついに連休も終わりです。昨年見つけたムヨウイチヤクソウの場所をGPS登録するため、連休中に富士山御殿場口某所へ行って来ました。ところが・・。

Ndsc00002 Ndsc07031

記憶違いではないと思うのですが、マルバノイチヤクソウとコイチヤクソウばかり・・。

Ndsc07030

コイチヤクソウには、果実が付いていました。私にとって、この林内では初めての確認です。更に進むと・・。

Ndsc07006 Ndsc07007

前方に赤い茎の植物が見えて来ました。「あっ、ムヨウイチヤクソウだ!」・・記憶違いではありませんでした。一安心して、他を探索すると・・。

Ndsc07017 Ndsc07018

お日さまのスポットライトを浴びた、家族連れのムヨウイチヤクソウを発見!

Ndsc07022 Ndsc07023

角度とモードを変えて撮影。

Ndsc07041 Ndsc07040

ダケカンバの根元にも一株生えていました。

N025 N027

マクロレンズで・・。花の時期が過ぎても、この赤い茎は良く目立ちます。名前は「無葉」ですが一応葉はあります。でも開花株は変形したような小さな葉があるだけで、他のイチヤクソウとは明らかに違います。

N020

果実が無事熟して、増えてくれると嬉しいです。花は間に合いませんでしたので、昨年同じ場所で撮った写真を掲載します。

N088

茎は濃い赤色ですが、花はご覧のように淡いピンクです。

イチヤクソウの仲間は、半寄生植物だそうです。この林は、ウラジロモミの人工林に少し(ミヤマ?)ハンノキが混じっていました。別の場所では、ウラジロモミの人工林に生えていました。針葉樹から養分をもらっているのだろうか?

この日は、昨年見た倒木脇の株に出会えませんでした。でも、そのお陰で少し広い範囲に分布している事が分かりました。マルバノイチヤクソウとコイチヤクソウもこのエリアでは初確認です。そして、山の神様は意外な植物との出会いも与えてくれました。

« マルハナバチ | トップページ | 御殿場口(富士山)で出会った植物① »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/58016039

この記事へのトラックバック一覧です: ムヨウイチヤクソウ再探索(富士山御殿場口某所):

« マルハナバチ | トップページ | 御殿場口(富士山)で出会った植物① »