2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 下山散策で出会った花③(富士山) | トップページ | アリドオシランとの再会(富士山) »

2013年8月26日 (月)

ミヤマフタバラン(富士山)

私が今まで出会ったフタバランには、アオフタバラン、タカネフタバラン、コフタバラン、そしてこのミヤマフタバランがあります。暗っぽい写真ばかりで恐縮です。

Udsc06717

薄暗い林内に生えている上に、とても小さいので撮り難い・・。手持ちで撮る花ではないと言われた事があります。でも、いつも手持ち撮影・・。

Udsc06718 Udsc06719

唇弁の脇に、丸い耳のような花弁のあるのが特徴だそうです。

Udsc06527 Udsc06528

石に守られるようにひっそり咲いていました。

そして、コフタバランかと思って駆け寄ると・・。

Udsc06652 Udsc06651

青軸のミヤマフタバランでした。毎年、数本出会う事があります。コフタバランとは花の形が違います。

Udsc06519 Udsc06520

この記事の写真は全てSonyのHX-3OOで撮りました。同じ株をモードを変えて撮ってみました。左は「手持ち夜景モード」、右は「プレミアムモード」です。薄暗い林に、木漏れ日の射すような時は、手持ち夜景モードの方が良いような気もします。特に白っぽい花の時は、プレミアムモードでは花が上手く撮れません。好みの設定を出来るモードもありますが、素人の私には良く分かりません。

この記事は、時間指定でアップします。

« 下山散策で出会った花③(富士山) | トップページ | アリドオシランとの再会(富士山) »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマフタバラン(富士山):

« 下山散策で出会った花③(富士山) | トップページ | アリドオシランとの再会(富士山) »