他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« アオスズラン(富士山南麓) | トップページ | カマキリの狩り »

ウルシ科ウルシ属

敏感な人は、手を触れなくてもかぶれるとか?最近の探索で出会ったウルシ科ウルシ属です。

【ツタウルシ】

Gdsc04234 Gdsc04235

ツタウルシはウルシの次にかぶれやすく、敏感な人は近づいただけでもかぶれる事があるそうです。

私?知らずに触ってしまいましたcoldsweats01。でも、鈍感なので無事でした。次からは気をつけなくては・・。

Gdsc04285

樹上の葉をズームで撮りました。蕾が確認出来ます。

【ヤマハゼ?ハゼノキ?】

Gdsc04761

運転中に目に入って来た赤い色彩・・車を止めて近づいて見ると、ウルシ属のようです。この一枚を撮ったところで、高倍率ズームDSC_HX-300のバッテリー切れとなりました。

G131 G127

マクロレンズでも撮ってみました。綺麗でしょ?でも、紅葉の季節でもないのにどうしたのでしょう?

ウルシかぶれの原因物質は、ウルシオールです。これはイチョウの実・・ギンナンにも含まれているそうです。そしてなんと果実のマンゴーもウルシ科だそうです。私は食いしん坊なので、ギンナンもマンゴーも食べます。鈍感で良かった・・。

今日は親戚のお葬式でした。遠くに住む親戚には、こんな時にしか会えません。次に会う時は祝いの席で会いたいものです。 突然旅立ってしまった伯父に合掌・・。

« アオスズラン(富士山南麓) | トップページ | カマキリの狩り »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57723709

この記事へのトラックバック一覧です: ウルシ科ウルシ属:

« アオスズラン(富士山南麓) | トップページ | カマキリの狩り »