2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« クサレダマ | トップページ | カキラン② »

2013年7月 1日 (月)

カキラン①

日曜日の午前中に出会ったカキランの記事です。以前、ホームセンターの園芸コーナーで出会ってから、一度は自生の花を見たいと思っていました。

Bdsc05046

誰もいない草原を探索しました。はたして、花は咲いているだろうか?

Bdsc04964

草原に入って数歩歩いたところで、直ぐに出会う事が出来ました。丁度良いタイミングでした。

Bdsc04961
Bdsc05034

側萼片や背萼片、側花弁の色が赤いタイプです。右は黄色系・・。

Bdsc05039t Bdsc05044t

横顔と正面顔。唇弁の模様が綺麗です。

Bdsc05020 Bdsc05021

中には受粉した花も・・。所々に見える小さな蕾は、どうして成長しなかったのだろう?

彼方此方探索して、数十株のカキランと出会う事が出来ました。初めての出会いが、こんな嬉しい結果になろうとは思いもしませんでした。そして更に・・。

Bdsc05098

昼からの用事に遅れないようにと、早めに探索を切り上げる事にしました。帰りがけ野生動物の足跡を追って上ったところで、また沢山のカキランと出会う事が出来ました。約束の時間に遅れてしまう

Bdsc05092 Bdsc05097

この一角には、20本くらいの株がまとまって生えていました。

Bdsc05105t

今日も、神様に感謝しながら帰路につきました。

この写真は、全てDSC-HX300で撮りました。次の記事は、こういう天気が苦手なマクロレンズで・・。

« クサレダマ | トップページ | カキラン② »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

やまぼうしさん、今晩は。
スズサイコを見に行った時、葉を見つけずっと気になっていました。
まさかこんなに沢山生えているとは思ってもみませんでした。
こんなに近い所に生えているなんて知らずにいました。

それから、タイトルの地名を消す事にしました。
一度アップしてしまいましたが・・。
有難うございます。
ここは、ある意味体育会系のお兄さんたちに守られています。
でも、時々踏みつけられる事もあるようですが・・。
いつまでも残ってほしいものです。

たくさんのカキランに出会えて良かったですね!
とてもきれい、見頃ですね。
けっこう派手な色合いなのに見つけにくかったりしますよね。
神奈川でも今年はカキランも去年より10日位早く咲いたみたいです。

「大野原草原某所」←この書き方良いですね。
ずっとここで咲き続けますように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カキラン①:

« クサレダマ | トップページ | カキラン② »