2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« コハクラン① | トップページ | アオスズラン(富士山南麓) »

2013年7月 3日 (水)

コハクラン②

少ししか咲いていなかったコハクランですが、花の様子が分かるように撮ってみました。

E003 E015

あっ、前記事と同じ葉をアップしてしまった。まぁ、良いか・・。伸び始めの花茎・・先端部に蕾がまとまって付いています。

E009t E021

この株は、一番下の一輪だけが萼片を開き始めていました。

E028 E030

地上5cmくらいのところに付いているので、マクロレンズでは撮り難い・・。そして、萼片の開いた花が一輪だけ見つかりました。

E031

側萼片にピントを合わせたつもり・・。琥珀色の萼片・・名前の由来を理解する事が出来ました。

E035

唇弁にピントを合わせたつもり・・。

E037

唇弁脇の子唇弁(?)にピントを合わせたつもり・・。

E037p

最後に画家Photo_Shopに描いてもらいました。写真で撮ったような絵を描くでしょ?

今年は、もう一つ自生の花を見たい野生ランがありました。生育場所の情報も得て、登山口付近の下見もしました。たぶん花の季節はもう終わりだと思います。仕方ありませんので、そちらは来年の目標とする事にしました。

昨年の初夏には、ベニバナヤマシャクヤクを、そして昨年秋から今年にかけては、コハクランを追い続けました。そのお陰で、素人ながらに学ぶ事も沢山ありました。こうしていろいろな植物に出会えるのも、山の神様のお導きだと思っています。感謝!

« コハクラン① | トップページ | アオスズラン(富士山南麓) »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

キレンゲショウマさん、お早うございます。
ついにやりました!
そして思っていたより蕾を持つ株が多く確認出来ました。
一番標高の高いところでは、まだイチヨウランが咲いていましたよ。
それと、北麓で見る事の出来なかった、コフタバランの花も見つけました。

今年は腐生ランの生育が良くないのかも?
ヒメムヨウランの数も昨年より少なく感じます。
梅雨の雨が少なかったからかな?

 こんばんは!
いつもお忙しい中、時間を見つけては探索されて・・・ついにやりましたね!
葉っぱから蕾、そして開花・・・様子が変わる毎に楽しみが膨らんで
いった事でしょう。 凄いです!  
 
 そうそう、タシロさんですが、あれだけ賑やかだったのがウソのように
チビッ子が一人ポツンと立っていただけでした。
そう言えば、昨年は竹?を切って積んでいたのが、すっかりと掃除されて
いたせいでしょうか? 今後も様子を見て行きたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コハクラン②:

« コハクラン① | トップページ | アオスズラン(富士山南麓) »