他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« カマツカ(富士山北麓) | トップページ | 探索エリア拡大②(富士山) »

探索エリア拡大①(富士山)

今日は土曜日ですが、出勤日と同じ時間に起きて、萌の散歩をしました。富士山麓に住んでいるとはいえ、まだ探索歴4~5年の私の知る範囲はホンの一部です。

昨年より少しずつ広げて行こうと思い、時間のある時に挑戦しています。午後から、天気が崩れるとの予報と用事もあったので、「昼までに帰る」という目標で出かけました。

Adsc04078

下界は雲が厚く、山もこんな状態でした。でも、霧のかかる林内探索も、味わい深いものです。

Adsc04079 Adsc04109

疑問が二つ・・。この倒木を切ったのは、動物の通り道?人が歩くルートから外れていました。そして右の白い部分・・これは電線を支持する碍子では?どうしてこんな所に付いているんだろう?

Adsc04080

五月蠅いくらいの、蝉の鳴声を聞きながら更に進みます。

Adsc04108 Adsc04107

沢が見えて来ました。

そして今日もまた、山の神様の粋な計らいに感謝です。沢に出ると、今迄の霧が嘘のように消え、日が差して来ました。

Adsc04120 Adsc04121

山頂は見えませんが、富士山が姿を見せてくれました。今日の探索範囲では、この場所でしか見る事が出来ません。

Adsc04123

パノラマ写真は、日差しが良すぎて見難くなってしまいましたcoldsweats01

Adsc04122 Adsc04124

沢の様子。自然の凄さを、改めて感じました。

ここから、更に下流へ向かいました。すると、また霧が深くなって来たのです。神様が、富士山を見せてくれた一瞬だけの晴れ間でした。

« カマツカ(富士山北麓) | トップページ | 探索エリア拡大②(富士山) »

地域文化」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57598562

この記事へのトラックバック一覧です: 探索エリア拡大①(富士山):

« カマツカ(富士山北麓) | トップページ | 探索エリア拡大②(富士山) »