2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« シテンクモキリ(富士山) | トップページ | タカネグンナイフウロ(富士山) »

2013年6月28日 (金)

ホザキイチヨウランとキソチドリ(富士山)

シテンクモキリの隣には、ホザキイチヨウランも生えていました。

K555 K554

クモキリソウに似た一枚葉のこの植物を、ここで初めて見ました。ホザキイチヨウランと教えて頂き、以降彼方此方で目にする事になりました。

K548 K551

ここにも・・。右は昨年の朔果です。図鑑には「葉は広卵形で普通一枚しかつかないが、稀に二枚付くものがある」と書かれています。その稀な葉を持つ株を発見!

K013

ちょっと小さいけど・・。一応二枚葉ですよね。

K549 K552

上から・・。山歩きはこういう些細な発見も楽しいものです。

そしてこの辺りでは、薄暗い林内にも日照の良い道路脇にも、良く見られるツレサギソウ属です。みんなキソチドリと思っていましたが・・。

K524 K476

一番下の葉が丸く大きいタイプ。

K525 K541

中にはこんな葉も・・。上と同じ種類とは思えません。ウチョウランの葉に似ている。ミヤマチドリというのもあるらしい・・。ツレサギソウ属は、花を見比べても良く分かりません。

明日(土曜)は仕事です。明後日も、いろいろ用事があって山歩きが出来そうにありません。次とその次の土曜も仕事になってしまいました。代休を取ろう!返ってのんびり出来るかも?

« シテンクモキリ(富士山) | トップページ | タカネグンナイフウロ(富士山) »

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホザキイチヨウランとキソチドリ(富士山):

« シテンクモキリ(富士山) | トップページ | タカネグンナイフウロ(富士山) »