他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« オシャグジデンダ?の異変(富士山) | トップページ | クサレダマ »

ウリノキとウリハダカエデ(富士山南麓)

富士山南麓、西臼塚の林内で見かけたウリノキとウリハタカエデ、ちょっと似た感じの葉を付けていますので、観察してみました。

【ウリノキ】

ウリノキ科ウリノキ属の落葉低木。

Ndsc04728 Ndsc04726

初めてこの名を聞いた時は、聞き違いだと思いました。大きな葉が、ウリの葉に似ている事からこの名がついたそうです。なんか間に合わせの名前みたいで可愛そう・・。

Ndsc04720 Ndsc04721t

薄い葉なので、光が透けて綺麗です。葉脈が良く見えていますね。

Ndsc04722

影絵のようです。

Ndsc04723

良く見ると、蕾が付いています。

N121

マクロレンズで撮ってみました。ウリノキはこんな花が咲きます。⇒ウリノキの花

【ウリハダカエデ】

カエデ科カエデ属の落葉高木。

Ndsc04731 Ndsc04733

こちらの名前は、マクワウリに因んでつけられたそうです。ウリハダカエデ・・瓜膚楓。「樹皮が暗緑色で、マクワウリの実に似ているため・・」と書かれていました。若木でないと、地衣類や苔で良く分かりません。

N124

ウリハダカエデは紅葉が綺麗です。似たものにホソエカエデというのがあるそうです。カエデ属はとても難しい・・。

« オシャグジデンダ?の異変(富士山) | トップページ | クサレダマ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57692011

この記事へのトラックバック一覧です: ウリノキとウリハダカエデ(富士山南麓):

« オシャグジデンダ?の異変(富士山) | トップページ | クサレダマ »