他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 探索エリア拡大②(富士山) | トップページ | トリガタハンショウヅルとツマトリソウ(富士山) »

林床を埋める植物(富士山)

春に、イチヨウランの葉を求めて歩いた林床は、すっかり緑に覆われていました。林床を埋める植物はいろいろありますが、この日出会ったものを集めてみました。

Cdsc04180 Cdsc04181

一番手はテンニンソウです。沢山生えているのに、シカに食べられたような形跡が殆どありません。シカの好みではないようです。もう少し早く葉が展開してくれれば、イチヨウランを守ってくれるのに・・。

ここで、嬉しい出会いがありました。

Cdsc04178

斑入りのテンニンソウです。バイケイソウと同じく、かなりな数の株を目にして来ましたが、斑入り葉とは初めての出会いです。

Cdsc04179

横から・・。バイケイソウもそうでしたが、斑入り葉を持つ株は他に比べて丈が小さいですね。

C076 C072

この日も同行したEOS_Kiss+マクロレンズで・・。こういう天気は、一番苦手なコンビです。

Cdsc04223 C083

この大群落は、コウモリソウです。少し前に、バットマンのDVDを見ました。そっくりなマークが良く出て来ました。

Cdsc04284 Cdsc04283

これも特徴ある葉のヤブレガサです。

C081 C080

そして、こちらはカニコウモリの葉。葉がカニの甲羅に似ているから、この名がついたそうです。

Cdsc04271

C078

これも斑入りかな?これは固定された斑ではなく、成長過程で何か障害があったのだと思います。

花ばかりでなく、葉の観察も楽しいものです。

« 探索エリア拡大②(富士山) | トップページ | トリガタハンショウヅルとツマトリソウ(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/57601583

この記事へのトラックバック一覧です: 林床を埋める植物(富士山):

« 探索エリア拡大②(富士山) | トップページ | トリガタハンショウヅルとツマトリソウ(富士山) »