2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 富士山世界遺産登録 | トップページ | コハクランの蕾 »

2013年6月23日 (日)

キバナノショウキラン(富士山南麓)

昨日は午前中仕事でした。富士山麓で探したい植物があって、昼御飯も食べずにその場所へ向かいました。

ところが、今迄見た場所を探しても全然見つかりませんでした。その代り、別の野生ラン(アオスズラン/エゾスズラン)を予想外の株数発見する事が出来ました。後日の記事で・・。

そして今日・・観察仲間から目的の植物「キバナノショウキラン」が見つかったとの電話がありました。急いでその場所へ向かいました。

C395

山の神様は、ちょっとご機嫌斜めかな?車とオートバイの音が五月蠅いから・・。

C575 C577

今までは、標高1,200~1,500mくらいのところで観察していました。ところがこの場所は、標高約950mです。

C576

丁度良いタイミングで発見されました。まず花に集る虫を観察して、果実を齧る生き物を観察するのが目的です。

一昨年頃までは、何株か目にする事が出来たのですが、昨年は見つけた株すべてが、結実せずに腐ってしまいました。毎年同じ場所に出るとは限らず(出ない方が多いように思います)、こうして出会える確率は、葉緑素を持つ植物に比べて格段に低くなります。Wさん、本当に有難うございました。

【キバナノショウキラン】腐生植物。環境省第4次レッドリストで絶滅危惧種IB類(EN)に指定されています。

« 富士山世界遺産登録 | トップページ | コハクランの蕾 »

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キバナノショウキラン(富士山南麓):

« 富士山世界遺産登録 | トップページ | コハクランの蕾 »